Biography

2013.4 - 現在 NICT 研究員
2012.4 - 2013.3 東北大学 研究員
2010.4 - 2012.3 東北大学 大学院情報科学研究科 システム情報科学専攻 知能情報科学講座 情報伝達学分野 特別研究学生
2009.4 - 2012.3 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士後期課程
2007.4 - 2009.3 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士前期課程 自然言語処理学講座
2006.4 - 2007.3 豊橋技術科学大学 情報工学課程 研究生
2005.4 - 2006.3 豊橋技術科学大学 情報工学課程 自然言語処理研究室
2002.4 - 2006.3 豊橋技術科学大学 情報工学課程
Apr. 2013 - Now Researcher, NICT
Apr. 2012 - Mar. 2013 Researcher, Tohoku University
Apr. 2010 - Mar. 2012 Special Research Student in Graduate School of Information Science, Tohoku University
Apr. 2009 - Mar. 2012 Ph.D. Student in Graduate School of Information Science, Nara Institute of Science and Technology
Apr. 2007 - Mar. 2009 Master Student in Graduate School of Information Science, Nara Institute of Science and Technology
Apr. 2006 - Mar. 2007 Research Student in Information and Communication Science, Toyohashi University of Technology
Apr. 2002 - Mar. 2006 Bachelor Student in Information and Communication Science, Toyohashi University of Technology

Research Topics

事実性解析 / モダリティ解析

文中の事象の成否およびその関連情報を判定する技術について研究しています。以下の論文は、「〜というのは都市伝説だ」といった、明示的な否定表現を伴わないタイプの否定に取り組みました。

Recognizing Complex Negation on Twitter
Junta Mizuno, Canasai Kruengkrai, Kiyonori Ohtake, Chikara Hashimoto, Kentaro Torisawa, Julien Kloetzer and Kentaro Inui
Proceedings of The 29th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC-29), pp.544-552, October 2015. [PDF]

また、東北大学所属時に作成した日本語拡張モダリティ解析器 Zundaは、拡張モダリティタグ体系に基づいて文を解析します。オープンソースで公開しています。

対災害情報分析

災害時にSNSに投稿される情報を効率的に検索する技術の研究をしています。DISAANAは、ツイッターへの投稿を対象として、質問応答による検索および指定エリアの災害・トラブルの一覧化が可能なシステムです。 D-SUMMは、DISAANAのエリア検索モードを要約するシステムです。技術の詳細は、以下の文献などをご覧ください。

WISDOM X, DISAANA and D-SUMM: Large-scale NLP Systems for Analyzing Textual Big Data
Junta Mizuno, Masahiro Tanaka, Kiyonori Ohtake, Jong-Hoon Oh, Julien Kloetzer, Chikara Hashimoto and Kentaro Torisawa
Proceedings of the 26th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2016) (Demo Track), pp.263-267, December, 2016. [PDF (ACL)]
対災害情報分析システムDISAANA及びその質問応答モードの性能評価
水野淳太, 後藤淳, 大竹清敬, 川田拓也, 鳥澤健太郎, クロエツェージュリアン, 田仲正弘, 橋本力, 奥村明俊
第14回CDS・第76回MBL合同研究発表会, pp.1-13, October 2015. [情報処理学会 電子図書館]
NICT Disaster Information Analysis System
Kiyonori Ohtake, Jun Goto, Stijn De Saeger, Kentaro Torisawa, Junta Mizuno and Kentaro Inui
In Proceedings of the 6th International Joint Conference on Natural Language Processing: System Demonstrations (IJCNLP 2013), pp.29-32, October 2013. [PDF (ACL)]

Publications

Recent Publications

大規模情報分析システム WISDOM X, DISAANA, D-SUMM [PDF (ANLP)]
水野淳太, 田仲正弘, 大竹清敬, 呉鍾勲, Julien Kloetzer, 橋本力, 鳥澤健太郎
言語処理学会 第23回年次大会, pp.1077-1080, March 2017.
WISDOM X, DISAANA and D-SUMM: Large-scale NLP Systems for Analyzing Textual Big Data
Junta Mizuno, Masahiro Tanaka, Kiyonori Ohtake, Jong-Hoon Oh, Julien Kloetzer, Chikara Hashimoto and Kentaro Torisawa
Proceedings of the 26th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2016) (Demo Track), Osaka, Japan, December, 2016. [PDF (ACL)]
Stance Classification by Recognizing Related Events about Targets
Akira Sasaki, Junta Mizuno, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui
Proceedings of the IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence, pp. 582-587, October 2016.
モダリティ解析の導入による対災害SNS情報分析システムDISAANAの質問応答性能の改善
水野淳太, 後藤淳, 大竹清敬, 川田拓也, 鳥澤健太郎, クロエツェージュリアン, 田仲正弘, 橋本力, 奥村明俊
情報処理学会論文誌:コンシューマ・デバイス&システム(CDS18), Vol.6, No.1, pp.106-120, May 2016. [情報処理学会 電子図書館]
Improving Question Answering of Disaster-Information Analyzer (DISAANA) Using Modality Analysis
Junta Mizuno, Jun Goto, Kiyonori Ohtake, Takuya Kawada, Kentaro Torisawa, Kloetzer Julien, Masahiro Tanaka, Chikara Hashimoto, and Akitoshi Okumura
IPSJ Journal: CDS18, Vol.6, No.1, pp.106-120, May 2016. (in Japanese)
誤り分析に基づく日本語事実性解析の課題抽出
成田和弥, 水野淳太, 上岡裕大, 菅野美和, 乾健太郎
自然言語処理, Vol.22, No.5, pp.392-432, December 2015. [PDF]
Understanding the technical issues in Japanese factuality analysis through error analysis
Kazuya Narita, Junta Mizuno, Yudai Kamioka, Miwa Kanno and Kentaro Inui
Journal of Natural Language Processing. Vol.22, No.5, pp.392-432, December 2015. (in Japanese)
Recognizing Complex Negation on Twitter
Junta Mizuno, Canasai Kruengkrai, Kiyonori Ohtake, Chikara Hashimoto, Kentaro Torisawa, Julien Kloetzer and Kentaro Inui
Proceedings of The 29th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC-29), pp.544-552, October 2015. [PDF]
対災害情報分析システムDISAANA及びその質問応答モードの性能評価 優秀発表賞 / 山下記念研究賞
水野淳太, 後藤淳, 大竹清敬, 川田拓也, 鳥澤健太郎, クロエツェージュリアン, 田仲正弘, 橋本力, 奥村明俊
第14回CDS・第76回MBL合同研究発表会, pp.1-13, October 2015. [情報処理学会 電子図書館]
Full Paper List

Awards

IPSJ Yamashita SIG Research Award
山下記念研究賞
対災害情報分析システムDISAANA及びその質問応答モードの性能評価
水野淳太, 後藤淳, 大竹清敬, 川田拓也, 鳥澤健太郎, クロエツェージュリアン, 田仲正弘, 橋本力, 奥村明俊
第14回CDS・第76回MBL合同研究発表会, pp.1-13, October 2015. [情報処理学会 電子図書館]
Maejima Hisoka Award 2016
第61回 前島密賞
CDS14 Best Presentation Award
第14回CDS研究会 優秀発表賞
対災害情報分析システムDISAANA及びその質問応答モードの性能評価
水野淳太, 後藤淳, 大竹清敬, 川田拓也, 鳥澤健太郎, クロエツェージュリアン, 田仲正弘, 橋本力, 奥村明俊
第14回CDS・第76回MBL合同研究発表会, pp.1-13, October 2015. [情報処理学会 電子図書館]
The 14th (2015) Docomo Mobile Science Award
第14回(2015年)ドコモ・モバイル・サイエンス賞 先端技術部門
ソーシャルテキストビッグデータの意味的分析技術の研究
Twitter #Data Grants
AMT2014 Best Paper Award
Mining False Information on Twitter for a Major Disaster Situation
Keita Nabeshima, Junta Mizuno, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui
In proceedings of The 2014 International Conference on Active Media Technology (AMT2014), pp.96-109, August, 2014
The Best Paper Award of the Journal of Natural Language Processing 2013
Extracting False Information on Twitter and Analyzing its Diffusion Processes by using Linguistic Patterns for Correction
Keita Nabeshima, Kento Watanabe, Junta Mizuno, Naoaki Okazaki and Kentaro Inui
Journal of Natural Language Processing, Vol.20, No.3, pp.461-484, 2013
言語処理学会 2013年度論文賞
訂正パターンに基づく誤情報の収集と拡散状況の分析
鍋島啓太, 渡邉研斗, 水野淳太, 岡崎直観, 乾健太郎
自然言語処理, Vol.20, No.3, pp.461-484, 2013
The Best Paper Award of the 16th Annual Meeting of the Association for Natural Language Processing
Statement Map Generation Based on Semantic Relation Recognition
Koji Murakami, Junta Mizuno, Hayato Goto, Megumi Ohki, Suguru Matsuyoshi, Kentaro Inui, Yuji Matsumoyo
16th Annual Meeting of the Association for Natural Language Processing, pp.559-562, March, 2010
第16回言語処理学会年次大会 最優秀発表賞
文間意味的関係認識による言論マップ生成
村上 浩司, 水野 淳太, 後藤 隼人, 大木 環美, 松吉 俊, 乾 健太郎, 松本 裕治
言語処理学会第16回年次大会, pp.559-562, March, 2010
日本経済新聞社「技術トレンド調査(2011年度第1回)」総合3位
情報通信研究機構(NICT)委託研究「電気通信サービスにおける情報信憑性検証技術に関する研究開発」,2007-2010,Web 上のテキスト情報間の論理的関係の解析

Dissertations

Organizing Information Based on Semantic Relation Recognition [PDF]
Doctoral Dissertation, 2012
Nara Institute Science and Technology
ウェブニュースを利用した雑談対話システム [PDF]
修士論文, 2009
奈良先端科学技術大学院大学
Human-Computer Interaction System Using Web News [PDF (in Japanese)]
Master's Thesis, 2009
Nara Institute Science and Technology

Software

Zunda: Japanese Extended Modality Analyzer
文中のイベント(動詞や形容詞など)に対して、その真偽判断(イベントが起こったかどうか)、仮想性(仮定の話かどうか)などを解析することのできる「拡張モダリティ解析器」です。例えば「次郎は大阪に行ったが、太郎は東京には行かず地元に残ろうとした」という文を解析すると、「次郎が大阪に行く」ことは実際に起こったこと(真偽判断:成立)と解析され、「太郎が東京に行く」ことは起こっていないこと(真偽判断:不成立)と解析されます。
Zunda is an extended modality analyzer for Japanese which can analyze factuality, assumption etc. for each events in a sentence.
GitHub
Dec. 25 / 2013
Written in C++ with Boost

Projects

東日本大震災ビッグデータワークショップ Project 311

2012年9月12日~10月28日にかけて開催された東日本大震災ビッグデータワークショップに参加し,提供データの一つである震災時のツイートデータを高速に検索できる 全文検索エンジンの構築,ツイート中の画像情報に着目して現地被災者を抽出する支援技術の開発( 論文),NICT ユニバーサルコミュニケーション研究所の開発した質問応答システム「一休」の回答に対して,その信憑性を判断する支援技術(言論マップ)の開発などに取り組みました.

研究助成

  • 2008年度下期 未踏IT人材発掘・育成事業 情報処理振興事業協会(IPA) 「情報検索のための学習成長型対話システムの開発」 チーフクリエータ
  • 平成19年度 NAIST Creative and International Competitiveness Project (CICP) 「ユビキタス社会に向けた日本語学習者のための学習支援プロジェクト」 メンバー

学会活動

技術研修

  • 2009.2,3 産業技術総合研究所 情報技術研究部門 メディアインタラクショングループ
  • 2008.2,3 産業技術総合研究所 情報技術研究部門 メディアインタラクショングループ
  • 2006.2,3 ルネサステクノロジ システムコア技術統括部 CPU開発第二部

授業 (東北大学所属時)

  • 2012.9 - 2013.3 東北大学工学部「アドバンス創造工学II」(文間弱対立関係認識課題)
    • 2文間の関係として,条件付きで同意または対立(矛盾)するような関係を「弱対立関係」と呼び,それを認識する課題に取り組みました.例えば,「キシリトールは虫歯を予防する」に対して「キシリトールは毎食後摂取することで虫歯を防げます」という文は,下線部が条件となって,弱対立関係にあります.この下線部のように,文内の条件関係をとらえることで,文間の弱対立関係をとらえることに取り組みました.その成果は,言語処理学会第19回年次大会で口頭発表しました.
  • 2011.9 - 2012.3 東北大学工学部「創造工学研修」(対話システムの構築)
    • 2名の学生がGalatea Toolkitを用いて,それぞれ性格診断対話,ゲーム対話システムを構築しました
  • 2010.9 - 2011.3 東北大学工学部「創造工学研修」(対話システムの構築)
    • 2名の学生がC言語にてクイズ対話システムを構築しました
  • 2009.9 - 2010.3 近畿大学理工学部非常勤講師「情報メディアプロジェクトII」(対話システムの構築演習)